宣伝を効果的にするためにパッケージデザインにこだわろう

上手に管理していますか

袋

販促ツールにもなります

商品が細かな雑貨の場合、陳列や商品のお渡しの際、収納する袋に気を遣います。収納する袋の見た目が良くないと、中に入っている商品まで価値観が低下してしまいます。OPP袋は2軸延伸ポリプロピレンとも呼ばれ、フィルムを伸ばしながら袋状にしたものを指します。透明で光沢があるため、内部の商品が綺麗に見えます。商品を長期に陳列する場合にも強度面において優れています。素材にコシがあるためアクセサリーなどの尖ったり固い商品でも破れることなく保管できます。また、湿度を嫌う商品に対しても効果を発揮します。防湿性に高く耐熱性にも優れているため、電子機器のパーツなどにもこのOPP袋が使用されています。サイズも多様化していて、梱包しやすいように端に糊付けすることができます。これだけの収能力があると内部に入っているものが何か一目でわかるようにOPP袋にコメントを記入できるスペースが欲しくなります。OPP袋の素材はインク乗りが良いために片面を白く塗りつぶしてマジックなどで記入ができるものも開発されています。また、より綺麗に演出するために、オフセット印刷によって綺麗な写真や繊細な色合いを表現することが可能です。企業のロゴを印刷して価値観を高めたり、商品説明をOPP袋自体に記載して余分な説明書きを内部に入れる手間を省くことができます。こうのようにOPP袋を上手に活用して商品の管理だけでなく、販促のツールとして活躍させてみるとよいでしょう。