宣伝を効果的にするためにパッケージデザインにこだわろう

名刺を持つ人

事例を参考にして選定

デザインから名刺作成を業者に依頼するときには、事例を参考にして絞り込みましょう。名刺から受けるイメージが自分の求めているものに合致していることが重要です。その上で相談に行って、名刺に対する考え方も合っていることを確認した上で作品を作ってもらうと自分の思いを形にしてくれるでしょう。

カレンダー

ノベルティが人気です

ノベルティグッズの需要と供給が拡大している現在、名入れカレンダーが人気を集めています。低コストで製作できるようになったため、一年中使用できる名入れカレンダーは重宝されているのです。注文する際は、インターネットで印刷業者のサイトを調べておくと良いでしょう。

袋

上手に管理していますか

OPP袋は細かな商品の管理したり、防湿性や耐熱性が高い特徴を利用して電子機器などを収納することができます。袋の表面はインクが乗せやすく企業のロゴや説明書きを入れる事ができ、販促ツールとして活用するのも良いでしょう。

コンセプト作りが大切

女性

販促のための考え方

パッケージデザインを作成するときに重要なのはいかに販促効果を高めるかということです。パッケージには商品を保護する目的と販促効果を高める目的の二つがあります。特に新しい商品を市場に出す場合や既存の商品の販売拡大を意図する場合にはパッケージデザインによる販促効果を重視する必要があります。その際に重要なのがコンセプトであり、何を顧客に対して訴えかけるべきかをまず検討しましょう。マーケティングの視点を持ってパッケージデザインを作成に取り組み、商品そのものを見るよりも魅力的に感じられるようにするにはどうするかを考えて行うことが肝心です。顧客の視点から考えてパッケージを考案することが特に重要になります。もしその商品に興味を持ったとして、実際に現物を見たり触ったりした方が購買意欲が高まるかどうかはまず判断しましょう。現物がどのようなものか見てみないと買えないというのなら透明なパッケージを選ぶ必要があります。また、触ってみてどうかというのが形の上でわかる必要があるなら柔軟性のある袋を選び、箱で覆ってしまうのは避けるようにした方が販促効果が高まるでしょう。一方、コンセプトとして何を伝えたいかをパッケージデザインから見てわかるようにすることも大切です。色をイメージに合致させるだけでなく、キャッチコピー等も印刷しておくのが効果的でしょう。ある程度の誇張を行うのも大切ですが、ギャップを大きくしないようにすると顧客の印象を良くすることができます。